123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-04-27 (Fri)
春の雨が降り続く日となりました。

このような日は、お部屋の中での活動を楽しく行うしかないですね。

年少児さんの部屋をのぞいてみると、
粘土遊びの活動をしていました。

IMG_0062vc.jpg

粘土は、砂場の砂や土に比べて、弾力性と粘りに富み、子どもたちが造形的な遊びを体験するのにとても優れた教材です。

[指先を積極的に使う]、[形を作るのに工夫をする]、[立体的な造形感覚が刺激される]など、
幼児期の育ちにとても良い効果が期待できるものですね。

指先で粘土をいじることで、大脳も程良く刺激されていきます。

その気になれば、何でも出来ちゃう(!)、と発展性も無限ですね。

その意味で、幼児期の活動には定番ものだと言えると思います。


今日は、未就園児の親子教室[ピヨピヨくらぶ]の第一回目の活動も行われました。

IMG_0059vc.jpg

当教室には、満三歳児の学年の子たちも一緒に参加しています。

担当するのは、外部派遣の業者の方ではなく、全員、当園のスタッフが担当しています。

子どもたちは、楽しい活動を通して、幼稚園という集団の環境に馴染み、
お母様たちは、同じ子育て仲間としての交流を深められる機会になります。

又、スタッフがいろいろな子育ての相談にも気楽に乗っています。

是非、たくさんの方に、利用して頂きたいな、と思っています。
| 子供たちの日常 | COM(0) | TB(0) |