123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-09-26 (Fri)
少し、気温も上がり、日差しが暑く感じましたが、吹き抜ける風は爽やかな好日となりました。

IMG_0644ppp.jpg

5月の頃の同様に、園生活もとても過ごし易いですね。

この時期になると、今年度入園の子たちも、すっかり一人前の幼稚園児の貫録が備わってきているようです。

IMG_0658ppp.jpg

次年度から新制度へ移行する幼稚園では、保護者の保育認定申請の手続きがぼちぼち始まってきている所です。

今回の制度改革はなかなか複雑で分かりにくく、今現在、肝心の保護者が負担することになる保育料が定まらない状況ということもあり、保護者の皆さまも、当事者である幼稚園側も戸惑うことが多いですね。

共働き世帯でも、父母以外に高収入の同居世帯人がいる場合など、1号、2号のどちらを申請した方が良いのか、苦慮するケースもあるようです。(1号認定のまま、預かり保育を月極めで利用した方が負担が少なくて済むケースがあり得る)

現在、市では、世帯の状況に応じた、整合性のある保育料負担システムを作成すべく、検討を進めているところです。

1号認定児の保育料が2号認定児の保育料より高くなる・・、
従来の幼稚園の保育料より負担額が増えてしまう・・、
といったことがないように当地区の幼稚園連合会では各市町に要望書を提出し、お願いしております。

IMG_0656ppp.jpg

早ければ、12月頃には保育料の保護者負担表の仮案が示されるそうですので、その時点で再度検討した方が良い世帯もあるかもしれないですが、
基本、現在共働きで月極めの預かり保育を利用されている保育に欠けるご家庭では、2号あるいは3号認定を申請しておくことをお勧めします。
| お知らせ・ご案内 | COM(0) | TB(0) |