12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015-08-28 (Fri)
秋の訪れが例年より早いようですね。

残暑をあまり気にしなくても良いのは助かります。

全員登園の夏期保育日ということ、さらに児童クラブの小学生もプラスされますので、園内はとても賑やかな日でした。

IMG_0604sw.jpg

以前は9月生まれの子たちと合同で9月に行っていました8月生まれのお友達の誕生会も本日行われました。

担当の先生のバルーンアート(!)などで楽しいひと時を過ごしました。

IMG_0608sw.jpg


さて、昨日はセルフイメージの話を少しさせていただきました。今日はその関連事項ということで[コンフォートゾーン]ということについて少し記述させていただきます。よろしければおつきあいください。

[コンフォートゾーン]とは、文字通り、自分が快適だと感じる環境のゾーンのことを言います。

その中にいる限りはこころも体も、楽、自分にとって当たり前である、安心できると感じる環境域、のことです。

子供でも、大人でも、誰にでもこのゾーンは有り、私たちは日ごろ無意識のうちにこのゾーンの中に自分の身をおいて生活しようとしています。

逆に言うと、このゾーンから離れた場に行ってしまった時には、居心地が悪く、落ち着かなさを感じたして元に戻ろうとするそうです。

それまで家庭で生活していた幼児が、幼稚園に入園した時、不安からお家に帰ろうとダダをこねたりするのがそうですね。

また、良い意味での逸脱の時にも、同様なことが起きます。
せっかくダイエットに成功したのに、いつのまにかリバウンドして元の体重に戻ってしまった・・・、
ギャンブルで大儲けしたけれど、気づくと散財してなくなっていた・・、などがそうです。
このように、自分の体重や財産に対するコンフォートゾーンが低いままだと、なかなか身につかないのです。

これらは、脳の作用である、ということが分かっています。
私たちの脳には、それまでの経験などから形成された、自分自身の[当たり前]=[コンフォートゾーン]に自分自身を常に引き戻そうとする無意識の作用力があるそうです。

これは言ってみれば、自分がどんなに高い目標、目的、夢を掲げても、コンフォートゾーンが低いままだと自分の脳はその実現をじゃましてしまう、困難だ、ということです。

子供たちの大きな成長や夢の実現を考えた時、このコンフォートゾーンをいかに上げていくか、という視点が必要になってくる訳です。
| 思うこと | COM(0) | TB(0) |