12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-07-14 (Thu)
高齢者の福祉施設である「グループホーム」や「特別養護老人ホーム」などを訪問し、入所されている御高齢の方々と交流することは、子供たちの、特に情操面での育ちに役立つ体験だと考えています。
IMG_3333.jpg

人生という道程の中、人として歩き始めたばかりの者にとって、対照的にこれまで沢山の歩みをされてきた後期高齢者の方々との触れ合いは、かなりのインパクトがあるようです。核家族化が進む中、日常ではなかなか接する機会がないのも一因でしょうか。交流が終わっての帰り道、嬉しそうに「超!きんちょーした~!!」との声が聴かれました。
IMG_3349.jpg

IMG_3383.jpg

入所者の方々の反応は状態によりいろいろですが、概ね大歓迎(!)していただけています。子供たちにとって、このように[無条件に自分たちの訪問・存在を喜んで頂ける]、という経験は貴重ですね。中には感激のあまり涙まで流す方もおられますから・・。
[自分の存在、それ自体を喜んでいただける]という体験は、実は、生きる力の源=[自尊心]というものを育む意味があると考えています。
IMG_3391.jpg
| 行事・イベント | COM(0) | TB(0) |