FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-08-27 (Thu)
いよいよ夏休み期間も終盤を迎えています。

当園では今日から夏期保育が始まり、全園児が揃って登園してきました。
皆、元気そうでなによりです。

猛暑も一段落していますので、実りの二学期へと向けて助走をスタートしていきましょう。

夏休みのこの時期、家で過ごすことが多かった1号認定のお子様など、保護者の皆さまも、家庭でじっくりとお子様の様子を観察する機会となったことでしょう。

家の中でゴロゴロしている様子が目について、ついつい、ネガティブな言葉をかけてしまったりしていませんか・・?。

IMG_0591sw.jpg

「自分とは、○○な子である。」の○○の部分をセルフイメージと言います。

自分に対する自己認識、ということですね。

実は、この、[自分をどのような子だと思っているのか]、ということは子供の成長に多大な影響があるそうです。

子供は、自分がそう思っているような子、そのイメージへと向けて育っていくからです。

IMG_0578sw.jpg

セルフイメージは日ごろ周りの大人からかけられる言葉などの評価によって形成されていきます。

「優しい子だね」「強いね!」「がんばりやさんだね」など、良い言葉をかけられると、そのような良いセルフイメージが脳の中に形成されていきます。

反対に、「ほんと、バカなんだから・・!」とか「ダメな子だね!」など、ネガティブな言葉を浴びせられると、そのような良くないセルフイメージが脳の中に形成されていってしまいます。

そして、何度も言われ、脳の深いところに刻み込まれたセルフイメージは、無意識のうちにそれをさらに具現する方向で、その子の行動、言葉、考え方などをコントロールしていくそうです。 

子供に向けて言う言葉、くれぐれも良いセルフイメージにつながるよう、吟味していきたいものですね。
| 思うこと | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する